「前例がない」はチャンスがあるということ!

どこにいても焼き鳥風なものには目がない

軽井沢に東京からの友人たちを誘って3次会はここ!

軽井沢 Kastanie 

美味しい!!

 
むかし、むかし、
絶対にこれ!だと思って、
出版社M社に自分の本の企画を持って行った時のこと
やっと担当もどき?の方と合う時間が許された。
 
「こんな本を出したい!です」

占術的なものに心理学をプラスしたもの

 

「今までM社で本を出したことありますか?」

「すべてが初めてです」

「前例がないと難しいですね。

そしてこの分野も前例がないので。。。」

 
前例前例ってねえ、若いのに!!
この一言。

もうだめってこと?

 

じゃあ、初めて取り組む人はどうするんだろう
いつまでたっても新しい人やアイデアが育たないじゃないの?
 
前例がないと言われて
しょげてるのは昔。
 
令和バージョンは前例がないからこそ
そこにチャンスが眠っている
前例がない=チャンス
 
なければ自分が前例をつくればいい!
 
まずは自分の心があつーくなること
思い浮かんだことはみんなノートに書く
関わったみんなが喜ぶこと!

そこに香りと色がついたらもう出来上がる

 

今、たくさんの新しいこと考えています!!

 

 

運を動かす力は自分自身の中にあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。